ひさびさ
ひさびさの日記

・ギャンブル漫画
最近ギャンブル漫画が青年誌だけではなく少年誌で見ることも
珍しくはないのだが、「おすすめは何がいい?」
と聞かれると「うーん」と考え込んでしまう。
過去の作品を含めるのなら、銀と金」に代表される過去の福本漫画や
お笑い要素が入っているが高橋のぼるのリーマンギャンブラー・マウス
を勧めるような気がする。
今でも嘘喰い、ライアーゲームなどの秀作もあるが、これらは
二人の勝負と言うより、「狩る者」と「狩られる者」という構図を
連想させるから。例えばライアーゲームの場合、ヨコヤ以外は主人公より
はるかに劣っているので、実はあんまり勝負という面では緊迫感がない。
最終的には主人公側が勝つのが当たり前だけど、相手が不利でも一発で
相手が捲れそうな雰囲気が見えないから。
これは完全に私の主観だけど。
今日の近代麻雀もアカギが掲載されていたが、もはやザコになってしまった
鷲巣は手早く刈り取って欲しいものだ。

・宮崎アニメ
大分前からだけどローソンに宮崎駿の新作のポスターが貼ってある。
今回は面白いのだろうか?。うーん。
私は宮崎駿氏が何度も引退&撤回宣言をすることは特に文句は
いうことはないが、創るならちゃんとつくって欲しいと思う。
ここ最近の宮崎作品の一番の不満はストーリーが尻切れトンボに
なっているところである。何か知らないうちにハッピーエンドというのは
やっぱし釈然としない。最後に私が映画館で見た作品は「千と千尋」
だったが放映が終わって、館内が明るくなって周りを見回すと
みんな首を傾げていた。
ハウルの動く城をDVDで見たときもそうだが、シナリオをきちんと
まとめてくれないと見ていてどうも居心地が悪くなってしまう。


あとジブリ作品では今度採用される声優で話題(騒動が正しいのかも知れない)
もちらほら出てきているそうな。ちゃんと情報を追っていないから具体的な
ところは私はよく知らないが。
宮崎駿氏が以前にアイドル声優に対してか「声優は娼婦の声(しか出せない)」
という発言をネット上でよく見る(信憑性はよくわからんが)のだが
そういえば宮崎氏の作品論をいくつか読んだことはあるが声当てに関しては
全く見かけたことはない。
かつては日高のり子や高山みなみ、などを安心できるプロでも上位の声優を
採用していたがもののけ姫辺りから上手い下手以前にキャラ違いの声を
あてることが珍しく無くなってきた。
ハウルの場合は木村拓哉の採用で話題になっていたが、木村拓哉はイメージや
演技は悪くなかったが、ヒロイン役の倍賞智恵子はいただけなかった。
特に若返り時の少女声が合って無くてよく監督はOKしたなあ、と思う。
鈴木Pのせいだという話もあるそうだが、元々宮崎氏は他の監督に比べて
声優のレベルに比重を置いていないと思う。あくまで他の監督に比べてだが。
さて今回はどうなるんだろうか。
[PR]
by aryosan | 2008-06-02 19:22 | 日記
<< 積みならぬ詰みゲー いろいろ驚き >>
AX アクセス解析